秋限定まゆの詩 キャラ登場ver

まゆのいも子

秋まゆ三きょうだいの二番目。元気があり、張り切り屋さん。

まゆまろ

秋まゆ三きょうだいの一番上。ゆるい雰囲気が好き。栗あん担当。

まゆのかぼたり

秋まゆ三きょうだいの末っ子。ちょっと天然の心優しい子。

卑弥呼

まゆの詩が大好き。
三きょうだいと仲良しで一緒にいる。

imo_icon
いも子:秋といえばわたし達が主役の季節じゃない!
kuri_icon
まゆまろ:今年も張り切ってるね~
kabocha_icon
かぼたり:毎年お客様に会えるのが楽しみなんだ!
11月中旬までの期間限定だから、買い逃さないようにネ!
himiko
ところで貴方達、今日は私の友人を紹介するワ、みどモス!
はじめましてモス、群馬県みどり市に住んでいるんだモス
190403185505_1
imo_icon
可愛い!私はまゆのいも子!いも子って呼んでね!
kuri_icon
ぼくはまゆまろ。仲良くしようね
kabocha_icon
はいはーい!おれはまゆのかぼたりって言うんだよ!
彼らはこの青柳の名菓“まゆの詩”の妖精なノ。私、卑弥呼もこの菓子を愛しているのヨ。みどモスも食べてみてネ
himiko

◆まゆの詩とは?

みどモス「ところで、まゆの詩って何モス?」
いも子「まゆの詩はここ大間々の土地で盛んだった養蚕業(ようさんぎょう)をイメージして作られた和菓子なの!」
かぼたり「中身は黄身餡、この外側にかかっているのがホワイトチョコレートだよ!」
みどモス「上品な和菓子モス!卑弥呼ちゃんも好きモスか?」
卑弥呼「勿論!気に入りすぎてこのお店に棲んでいるのヨ」
まゆまろ「お土産として大人気なんだよ」

◆なんで味が三種類?

みどモス「なぜ味が三種類、秋のまゆの詩はあるんだモス?」
まゆまろ「やっぱり人には好みというものがあるからね……選ぶ楽しみを提供したいなと」
いも子「それぞれ餡の味や食感が違うから楽しいよ!どの餡も個性的なんだけど、どれも違っていてそれがいいって私たちは思っているの!」
かぼたり「あと、この3つの食材は秋に収穫できるものなんだよっ」
みどモス「お芋と栗とかぼちゃが集まって……収穫祭みたいモス♡」
卑弥呼「さすがみどモス!素敵な感性ネ」

◆みどモスは何者?

いも子「ところでみどモスくんはどこから来たの?」
みどモス「いも子ちゃんは岩宿遺跡って知ってるモス?」
いも子「うっ、知らないかも……」
みどモス「日本の歴史を大きく変えた!と言われている遺跡モス。その遺跡の近くに普段はいるんだモス。」
かぼたり「どんなことをして過ごしているの?」
みどモス「まが玉や石器を作っているモス!古代料理も好きなので、みんなに振る舞いたいモス!」
卑弥呼「みどモスが各地を訪問するとその遺跡のことを皆が知りますわネ」
まゆまろ「まゆの詩も、初代小倉義美が大間々の歴史を伝えたくて創った菓子なんだよね」

kabocha
なるほどなあ、まゆの詩やみどモスには色んな人の想いがこもっているんだねえ
imo
確かに!お兄ちゃん、わたし達もこれまで以上に頑張っておすすめしようね!
kuri
ぼくはゴロゴロしているから、いも子に任せたよ……
私もこの菓子を愛する身として、どんどん広めていきたいと思いますワ
himiko

みどモスも気に入ってくれた、

秋限定まゆの詩♪こちらになります!

さつま芋あん、栗あん、かぼちゃあん3種類の

「まゆの詩」が今年もいよいよ、登場しました!!

秋の味覚を餡にして、個性ある「まゆの詩」です。

さつま芋あんはスイートポテト風

栗あんは刻み栗を入れて風味と触感が楽しめます。

かぼちゃは個性的な野菜のおやつ。

それぞれ特徴的で楽しめます。

11月中旬までの期間限定販売。

原材料:

白餡、砂糖、小麦粉、卵、ホワイトチョコレート、蜂蜜、バター、トレハロース、膨張剤、香料

芋あん…さつま芋、塩

栗あん…栗、ブランデー

かぼちゃあん…南瓜、桂皮末

日持ち: 冷暗場所(25℃以下)で10日
価 格:

3ケ入…510円
6ケ入…1,110円
8ケ入…1,420円
12ケ入…2,080円
16ケ入…2,750円
20ケ入…3,410円
24ケ入…4,070円
30ケ入…5,060円

この商品のレビュー

商品一覧

初めてのお客様へ

当店の想い

全国に認められた技術

お客様の声

お問い合わせ

和菓子の作り方

一人のイベントと和菓子

人の一生と和菓子

facebook LINE@

TOPへ戻る