6月16日は「和菓子の日」 コーヒー”煎”をプレゼント!

2016年6月13日 / 

6月16日は和菓子の日加工和菓子の日

「和菓子の日」に和菓子を食べて、健康と招福を願おう!

今年は、コーヒー”煎”をプレゼント!!

 

○和菓子の日の由来

仁明天皇が承和14年(847年)の夏、神託に基づいて
嘉祥と改元し、6月16日の数にちなんだ菓子や餅を神前に供え、
疫病の退散を祈願したことに始まると伝えられています。

その後「嘉定喰」といって、6月16日に16個の菓子や餅を神に供え、
それを食して疫病を払って健康と招福を願う行事が定着し、
徳川幕府では御目見得以上の諸士に菓子を贈る「嘉祥頂戴」が
行われ、市井でも銭16文で菓子を求めてたべ健康招福を願うことが
吉例となりました。

これにちなんだものが「和菓子の日」です。

健康と招福を願って和菓子をお召し上がりいただくと共に、
大切な方の健康を願って和菓子を贈る日にしては
いかがでしょうか?

 
6月16日(木)にご来店のお客様で
2000円以上お買い上げのお客様には
和菓子に合うコーヒーとして開発された”煎”をプレゼント!

上記の和菓子の日の由来が書かれ、
東京・日枝神社でご祈願したお札「厄除招福」もお付けしています。

皆様のご来店をお待ちしています!

青柳の和菓子一覧

初めてのお客様へ

青柳の想い

お客様の声

お問い合わせ

和菓子の作り方

一年のイベントと和菓子

人の一生と和菓子

LINE@ facebook

TOPへ戻る