成人祝

成人を祝う儀礼は古くからあり、016883

男子には元服・褌祝、女子には裳着・結髪などがあった。

日本における今日の形態の成人式は、

終戦間もない1946年11月22日、

埼玉県北足立郡蕨町(現:蕨市)において実施された

「青年祭」がルーツとなっているそうです。

 

国は、1948年に公布・施行された祝日法により、

「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと、

翌年から1月15日を成人の日として制定した。

それ以降、ほとんどの地方で成人式はこの日に行われるようになった。

その後、1998年の祝日法改正(通称:ハッピーマンデー法)に伴って、

2000年より成人の日は1月第2月曜日へ移動しています。

 

お祝いの時期は、成人式の前までに贈るか、

20歳の誕生日に「成人のお祝いに」といって贈ります。

 

お返しは、なるべく、 お祝いをもらったら本人が直接、お礼の気持ちを伝えます。
お返しは、お祝いの半額~7割くらいの金額を目安に、

表書きは「内祝」、下段は本人の名前にします。

 

お返しの品物は主に「赤飯」が使われます。

家族内でも、赤飯を食べて、お祝いしますが、

お返しには、いただいたお祝いの金額によって、

赤飯と商品券、または菓子折りなどが使われることが多いようです。

 

当店では、

菓子折りには、「めで鯛最中」や

それと焼菓子などの詰合せが良く使われています。

 

「赤飯」の商品ページ

http://e-aoyagi.jp/item/%e8%b5%a4%e9%a3%af

 

「めで鯛最中」の商品ページ

http://e-aoyagi.jp/item/%e3%82%81%e3%81%a7%e9%af%9b%ef%bc%88%e3%81%9f%e3%81%84%ef%bc%89%e6%9c%80%e4%b8%ad

青柳の和菓子一覧

初めてのお客様へ

青柳の想い

お客様の声

お問い合わせ

和菓子の作り方

一年のイベントと和菓子

人の一生と和菓子

年始の和菓子 メッセージカードお付けします facebook

TOPへ戻る