写真

2006年11月27日 / 菓子

広告のための写真撮影をした。
普段は御菓子を預けてしまって
スタジオで撮ってもらうのだが
今回はスタジオが空いてなく
店頭で撮ることとなった。
取材など新聞や地方紙などに取り上げていただく場合や
数年前までは広告の写真も店頭で写真を撮ることが多かったが
たまたまカメラマンとスケジュールが合わず、
スタジオで撮ってもらったことがあり、その時は素晴らしく
写真が良かったのでそれ以来、スタジオ撮りにしていたのだが
今度は反対のケース。カメラマン曰く、現場で店主と
意見を交わしながらどういう構図、背景などで撮っていくか
作り上げていったほうが納得のいく良い写真になるという。
スタジオ撮りではクレームのでない無難な写真にとどまってしまう
からだそうだ。確かのごもっとも。
もちろんカメラマンとの相性やセンスなど合う、合わないが
あるだろうが本日のカメラマンとは相性も良さそうだ。
しかも話を聞けば同じ大間々町内に住んでいるという。
世の中は狭い。
もちろん仕上がってこないと本当に良く出来上がっているかは
わからないが食べ物商売、写真の出来不出来は大きく影響する。
どんなに良いものでも知られていなければ存在しないことと
同じである。だから積極的にアピールはしたい。
しかし、悪い写真、悪い御菓子を宣伝すれば
悪い情報が大きく伝わってしまう。
結構これは重要なことなんですよね。


青柳の和菓子一覧

初めてのお客様へ

青柳の想い

お客様の声

お問い合わせ

和菓子の作り方

一年のイベントと和菓子

人の一生と和菓子

年始の和菓子 メッセージカードお付けします facebook

TOPへ戻る