本日の和菓子ぎゃらりー~H26.10.21~色の組み合わせで季節を表現

2014年10月21日 / blog, 菓子

こんにちは。秋の野

小倉章弘です。

 

・あなたは色彩を楽しんでいますか?

 

上生菓子を100倍楽しむために、

様々な視点から上生菓子を紹介させていただいています。

 

今日は「色彩」という視点で。

 

今日の上生菓子は

「秋の野」

 

薯蕷(じょうよ)きんとん製粒あん

 

きんとんは特にですが

写実的な表現がしにくいため、

色彩だけで花鳥風月を表現することが多いです。

 

明確に紫と黄色が何の花や植物なのかは

調べても、はっきりとしたものはありませんが

紫と黄は色相環で言えば、ちょうど向かい合う二色。

色彩理論によれば、色相環上で向かい合う2色か、

色相環上で等間隔に三角形を形成する3色か、

長方形を形成する4色(実際には、色相環上で向かい合う色を2対)を使えば、

調和のとれた色の組み合わせになります。

 

紫は、色彩だけで言えば、どちらかといえば、冬のイメージに近いもの。

黄色と組ませることで、”晩秋の野”ととらえることもできる気がします。

 

色に思いを馳せる。

こういう楽しみ方もあると思うのです。

 

青柳の和菓子一覧

初めてのお客様へ

青柳の想い

お客様の声

お問い合わせ

和菓子の作り方

一年のイベントと和菓子

人の一生と和菓子

年始の和菓子 メッセージカードお付けします facebook

TOPへ戻る