本日の和菓子ギャラリー(H26.10.9)~菓子銘を楽しむ~

2014年10月09日 / blog, 菓子

こんばんは。まさり草

小倉章弘です。

 

・あなたは菓子銘をたのしんでいますか?

 

上生菓子を100倍楽しむために、

様々な視点から上生菓子を紹介させていただいています。

 

今日は「菓子銘」という視点で。

 

和菓子の名前で和歌の中から

引用された名前は多いものです。

 

今日の上生菓子は

「まさり草」

 

京ういろう製粒あん

 

菊の異名(古名)で、

寛平(平安時代の年号)の菊合わせの歌に

「すべらぎの万代(よろづよ)までにまさりぐさたまひし種を植ゑし菊なり」と詠まれたところから引用されたそうです。

 

日本人は、特に平安時代の貴族は

言葉遊びを楽しんだようですね。

 

私たちの時代でも

例えば、茶会やイベントのテーマにあった歌を見つけ

その中から、一部を切り取って、菓子銘にし、

お客様にそのストーリーを語る。

 

そういう楽しみ方もありますよね。

 

 

 

 

 

青柳の和菓子一覧

初めてのお客様へ

青柳の想い

お客様の声

お問い合わせ

和菓子の作り方

一年のイベントと和菓子

人の一生と和菓子

年始の和菓子 メッセージカードお付けします facebook

TOPへ戻る