秋の深まりが早いですね。

2014年9月09日 / blog, 菓子

こんばんは。山土産

小倉章弘です。

 

十五夜も終わり、ほっと一息つきました。

今年の十五夜は例年に比べ、

ずいぶんと早かったですが

ここまで早いのは30数年ぶりなんだとか。

 

そういう年は秋の深まりも早いとか。

 

近年はお彼岸まで、30℃越えの夏日が続いていたことを

考えれば、虫の声の賑やかさや朝晩の涼しさからも納得してしまいます。

 

先日の技術講習会でも

毎年のことではありますが

季節的に、秋の御菓子、栗や柿などの加工の仕方などが

それぞれの店主のこだわりとして披露されます。

 

もう八百屋さんでも”栗”を見かけるようになりました。

 

本格的に、栗が出回り、和菓子屋さんが使いやすい品種が

出回るのは9月下旬から10月からですが

当店でも”栗”の御菓子が登場しました。

 

菓子銘は

「山土産」

 

京こなし製栗あんです。

 

栗は熊本産の純栗あん(栗と砂糖のみの餡)です。

とても風味が良く、様々な産地の栗を食べ比べ、

最も、気に入り、選んだものがこの栗あんです。

形はシンプルにそのままの栗の形ですが

食べてみれば、絶賛される方が

たくさんいらっしゃるほどに

とても美味しいお菓子です。

 

 

青柳の和菓子一覧

初めてのお客様へ

青柳の想い

お客様の声

お問い合わせ

和菓子の作り方

一年のイベントと和菓子

人の一生と和菓子

LINE@ facebook

TOPへ戻る