月見団子の食べ方

2014年9月08日 / blog, 菓子

こんばんは。月見1

 

小倉章弘です。

 

あなたは月見団子を用意しましたか?

 

今夜は十五夜

 

あいにく、曇り空で、月は見えそうもありませんが

 

和菓子屋さんでは

十五夜の団子やまんじゅう作りに大忙し。

早朝から夕方まで、ひたすら丸め続けました。

 

当店のお客さんは、毎年、「月より団子」で

天気に関わらず、楽しみにお買いもとめに

いらっしゃる方がほとんどなので

食べ方を知らないという人はほとんどいませんが

 

今年から、または来年から

月見の行事を楽しみたい!

という入門者のために

団子の食べ方をご紹介します。

 

スタンダードな食べ方は

柔らかいうちに、醤油、または少し砂糖を入れた甘醤油に

つけて食べます。

 

ただ、十五夜の場合、5ケ、または15ケの団子を飾るので

少人数の家族では、いっぺんに食べきれない場合があります。

 

余った団子は切る、または潰すなど、薄くしてラップをし、

冷凍庫で保存して下さい。

 

そして、食べたい時に、解凍し、

フライパンか網などで焼いて食べます。

この時、フライパンならバター醤油

網で焼くなら、醤油を付けて

香ばしくして食べるのが美味です。

 

あなたも「月見を楽しむ会」に参加してみては?

 

 

青柳の和菓子一覧

初めてのお客様へ

青柳の想い

お客様の声

お問い合わせ

和菓子の作り方

一年のイベントと和菓子

人の一生と和菓子

年始の和菓子 メッセージカードお付けします facebook

TOPへ戻る