本日の菓子ぎゃらりー(H26.8.29)~月夜を楽しむ~

2014年8月29日 / blog, 菓子

きぬかつぎこんばんは。

小倉章弘です。

 

・あなたの想像力は豊かですか?

・あなたは和菓子の世界を楽しめていますか?

 

上生菓子を100倍楽しむために、

様々な視点から上生菓子を紹介させていただいています。

 

今日は「テーマ」という視点で。

 

今年(平成26年)の十五夜は

9月8日(月)です。

今回も

 

昨日に引き続き、

月見にちなんだ上生菓子をご紹介させていただいています。

 

お茶の先生からは、よく「〇〇のテーマの御菓子をお願いします」

という頼まれかたをします。

 

テーマをずばり。という菓子のときもありますが

なぞかけのように、すぐにはわからず、

テーマとどういうつながりが?

という会話から、「なるほど、そういうことですか」という

楽しみ方もあるのです。

 

知識のある方にとっては

当たり前のようなこともありますが

今日は初心者のつもりで、読んで下さい。

 

 

今日の上生菓子は

 

『きぬかつぎ』

 

里いもをかたどった上生菓子です。

 

京こなし製ごまあん

製法についての解説は以前のページから こちら

 

十五夜は別名「芋名月」(いもめいげつ)と言います。

これは、十五夜のころは、イモ類(里芋やさつまいも)が収穫される季節で

その収穫を祝う感謝祭としての意味もあるからです。

ですから、月見団子、ススキと一緒に、その時期に収穫された作物を

一緒にお供えするのです。

 

このように、「テーマ」について

掘り下げて、会話や知識を楽しむ。

そういう楽しみ方もあるのです。

 

 

 

 

 

 

青柳の和菓子一覧

初めてのお客様へ

青柳の想い

お客様の声

お問い合わせ

和菓子の作り方

一年のイベントと和菓子

人の一生と和菓子

メッセージカードお付けします facebook

TOPへ戻る