本日の菓子ぎゃらりー(H26.8.28)~花鳥風月で楽しむ~②

2014年8月28日 / blog, 菓子

こんばんは。

小倉章弘です。今宵月

 

・あなたの想像力は豊かですか?

・あなたは和菓子の世界を楽しめていますか?

 

上生菓子を100倍楽しむために、

今回も

”表現方法”という視点で

ご紹介させていただいています。

 

今回も「花鳥風月」。

 

上生菓子はよく、花鳥風月を表す。と言われます。

花鳥風月(かちょうふうげつ)とは、

美しい自然風景や、それを重んじる風流を意味する四字熟語ですが

 

今日ご紹介する上生菓子は

美しい自然の風景を幻想的に表現したものですが

かつ、歳時記的なの意味合いも含んでいます。

 

今年(平成26年)の十五夜は

9月8日(月)と例年より、早いですね。

その月夜を背景に、幻想的にススキが浮かび上がる様子を

表した御菓子。

菓子銘を

『今宵月』

 

黄色い部分は柚子味の味甚羹(みじんかん)

落雁などに使う餅の粉に寒天を加えたものです。

さわやかな柚子味がして、特徴的なざらっとした

舌触りの寒天を、白い京ういろうで巻き、

氷餅をつけた御菓子です。

 

十五夜から十三夜にかけて作ります。

 

個人的に

幻想的な風景が浮かんでくる

このデザインはとても大好きです。

 

月見会のお茶菓子にいかがですか?

青柳の和菓子一覧

初めてのお客様へ

青柳の想い

お客様の声

お問い合わせ

和菓子の作り方

一年のイベントと和菓子

人の一生と和菓子

メッセージカードお付けします facebook

TOPへ戻る