本日の菓子ぎゃらりー(H26.8.25)~花鳥風月で楽しむ~

2014年8月25日 / blog, 菓子

こんにちは。

小倉章弘です。初雁

 

・あなたの想像力は豊かですか?

・あなたは和菓子の世界を楽しめていますか?

 

上生菓子を100倍楽しむために、

前回に引き続き

”表現方法”という視点で

ご紹介させていただいています。

 

前回は「写実的」「抽象的」表現を説明しましたが

今回は「花鳥風月」。

 

上生菓子はよく、花鳥風月を表す。と言われます。

花鳥風月(かちょうふうげつ)とは、

美しい自然風景や、それを重んじる風流を意味する四字熟語ですが

 

今日ご紹介する上生菓子も

美しい自然の風景を表現したものです。

菓子銘は

「初雁」(はつかり)

製法は薯蕷まんじゅう製のこしあんです。

 

月夜に雁が飛んでいる姿、

そして、時候の言葉として”初”を使っています。

もう少し、遅い時期になれば、「雁行」でも良いわけです。

 

このように、風景や時候、暦の言葉などを

菓子銘に入れて、小さな御菓子の中に

広い世界を感じていただきます。

他にも、万葉集など、歌などの言葉を

切り取って、菓子銘にしたりもします。

 

これこそ、日本人らしい繊細な表現であります。

 

追伸:今年の十五夜は例年より、かなり早く、

九月八日(月)です。

 

まだ、残暑のころですから

月見という気分ではないかもしれませんが

月夜を楽しむ行事も忘れずに!

 

青柳の和菓子一覧

初めてのお客様へ

青柳の想い

お客様の声

お問い合わせ

和菓子の作り方

一年のイベントと和菓子

人の一生と和菓子

メッセージカードお付けします facebook

TOPへ戻る