本日の菓子ぎゃらりー(H26.8.22)~無限の豊かさを感じる~

2014年8月22日 / blog, 菓子

こんにちは。小萩

小倉章弘です。

 

・あなたの想像力は豊かですか?

・あなたは和菓子の世界を楽しめていますか?

 

上生菓子を100倍楽しむために、

今日は”表現方法”という視点で

ご紹介させていただいています。

 

本日、ご紹介する上生菓子は

「小萩(こはぎ)きんとん」

 

製法は
以前のブログページで→こちら

 

表現方法の一つ目は1a2f6bf22c20cf1529a2df549d2d0203_s

「写実的」と「抽象的」表現に分けることができます。

 

 

比較的、和菓子は抽象的な表現が多いいようです。

今回の「小萩きんとん」や前回の「ひまわりきんとん」は

写実的寄りではあります。

ですが、例えば、季節は違いますが

一番下の画像の「姫藤きんとん」は

色合いで「藤の花」を表現しています。

 

写実的な表現の良い部分は

「わかりやすい」というところです。

ですから、あまり知識のない初心者でも

喜んでいただけるところです。

姫藤

しかし、抽象的な表現は

見る人の力量が必要となります。

抽象的である分、知識や想像力がある人は

その菓子を見て、情景を思い浮かべたり、

様々な連想ができるのです。

 

ですから、本格的な和菓子職人は

想像力を限定的なものにしないために

意識的に抽象的なものを作るのです。

 

もちろん、私も写実的な上生菓子を作ることはあります。

それは、やはり、たくさんの方に和菓子を知っていただきたいから。

ですから、入門編として、お作りしています。

 

しかし

できれば、あなたも

抽象的な表現の御菓子を楽しめるような

上級の和菓子ファンになっていただきたい。

そのほうが、あなたも小さな菓子の中に

無限の豊かさを感じることができて、幸せになれるのですから。

 

 

 

 

 

 

青柳の和菓子一覧

初めてのお客様へ

青柳の想い

お客様の声

お問い合わせ

和菓子の作り方

一年のイベントと和菓子

人の一生と和菓子

メッセージカードお付けします facebook

TOPへ戻る