職人心得③~仕事はなめたら終わり~

2014年4月05日 / blog, 職人心得

sigoto職人心得③~仕事はなめたら終わり~
卓越した職人になるために
・あなたは先輩や上司を尊敬してますか?
・あなたは仕事に対する「覚悟」はできていますか?
・あなたは誠実に仕事をしていますか?
・あなたの『礼節やマナー』は恥ずかしいものではないですか?
・自分が出している波動を意識していますか?

一流の和菓子職人になるために
そして、多くの人々に求められる良き商人であるために
さらなる向上と自分への戒めを込めまして
自分が学び、気づいたこと、目指すこと、心がけていることなどを
思いつくまま、自分に質問するかのように
書き記したいと思います。
あわよくば、この文章が職人の道を歩く若者に
または、新社会人の方たちに役に立ってくれれば、さらにうれしいと思います。

 

久しぶりの「職人の心得」シリーズです。

もしも、あなたが、仕事を取り組んでいく中で

「仕事ってこんなものか」

そんな風に思ってしまったら

もうその仕事を続けることはやめたほうが良いかもしれません。

 

その時、すでにあなたは仕事に対する『誠実さ』を失っているからです。

どんなにあなたがその仕事の能力があり、覚えが早かったとしても。

 

私は師匠に、仕事で最も大事なのは

「情熱」だと教わりました。

技術は後からついてくる。

「情熱」を持っていれば、それは菓子に伝わり、

お客さんにも伝わる。

その「情熱」がお客さんを喜ばせる力になると。

 

自分自身、自分の店に入りたての頃、

今思えば、恥ずかしいような技術力でしたが

それでも、その情熱に吸い寄せられるように

お客様が集まり、喜んでいただいたのを覚えています。

 

ただ、今はその「情熱」以前に

もっと重要なのは仕事への『誠実さ』

そして『礼節やマナー』だと感じています。

 

どんなに新人で、まったく知識がなかったとしても

お給料をもらった時点であなたはもうプロとして

仕事をしなければなりません。

そこには大きな「責任」が伴っています。

中途半端な気持ちで仕事を行うことは、

経営者に対しても、お客さんに対しても失礼です。

そういう『覚悟』がどれだけできているか。

ぜひ、胸に手を当てて考えていただきたい。

 

それでは

その『覚悟』はどのように高めたら良いのでしょうか?

 

私はそれは先輩や上司に対する「尊敬」の気持ちや

「礼節やマナー」を重んじることからだと

思っています。

 

仕事に対する覚悟と

尊敬や礼節、マナーは別の話だ。

そんな風に思っていませんか?

 

そんな風に感じてしまっているとしたら

あなたはものすごく小さな世界でしか

物事を見ることができていないかもしれません。

 

「心構え」はとても重要です。

見た目は同じことでも

伝わることは全く変わってしまいます。

職場に対する尊敬や礼節、マナーが

あなたの覚悟の鏡であるからです。

 

 

お客様にたいしてはもちろんのこと

上司や先輩に対する言葉づかいや

挨拶(ちゃんと相手の顔を見て)や態度

気遣いの言葉など、

こういう基本的なところを

どれだけ徹底的にちゃんと取り組んでいるかで

「覚悟」の度合いが変わってくるからです。

 

逆にこういう基本的なところをできていない人は

確実に覚悟が足りなく、誠実さにかけます。

 

今の風潮は上司や先輩のほうが

後輩への配慮や声掛け、気遣いを行わないと

いけないように感じてしまいます。

 

後輩やスタッフに対し、

仕事がやりやすいように配慮し、

優しい声をかけ、

長所を伸ばして、短所は目をつぶる。

もちろん、これも大切なことではあるけれども

それは、ちゃんと相手が「礼節やマナー」を守れているという

前提のもとで、初めて成り立つものです。

 

同業者のあるお店のオーナーが

新人のスタッフに対し、初めに思いっきり、能力を否定する。

という話を聞いたことがあります。

 

「否定する」ということが正しいかどうかは別として

はじめに縦の関係を作っておく。という

「礼節やマナー」を守らせるには

手っ取り早い方法を経験の中からやっているんだろうな。

とは今になって思い出します。

 

同じ方法は私にはできませんが

「礼節やマナー」を守ることは

基本中の基本として徹底しなければならない。

逆に「礼節やマナー」を守れる人が

職場に必要とされている。

 

「人を尊敬することのできない人間は、人生で本当に大切なことを気づくことができない」

まさにこの言葉の通りです。

そう、強く思います。

 

初めから「礼節やマナー」を徹底していなければ、

あとになって、ちゃんとしようとしても

残念ながら、一度狂った歯車は

よほどの奇跡でも起こらない限り、直すことはできません。

悔しいけれど、それが現実です。

 

「尊敬」や「誠実さ」を失った人間が出す波動は

その場の空気をとても悪くします。

どんなに表面上、取り繕っているようでも

一生懸命取り組んでいるようでも

波動は隠すことができません。

 

あなたはどんな波動を出しているか気づいていますか?

 

 

 

 

 

 

青柳の和菓子一覧

初めてのお客様へ

青柳の想い

お客様の声

お問い合わせ

和菓子の作り方

一年のイベントと和菓子

人の一生と和菓子

年始の和菓子 メッセージカードお付けします facebook

TOPへ戻る